• 絲山秋子
  • Emii
  • 大江響子
  • 大友直人
  • 岡田浩暉
  • 香川誠
  • 金谷ヒデユキ
  • 吉良武夫
  • 佐藤由美子
  • サラーム海上
  • 志尾睦子
  • 篠原悠介
  • 渋川清彦
  • JOY
  • ジョナサン・シガー
  • JILL
  • 髙津敦子
  • 田野内明美
  • 富岡賢治
  • 二居野未来
  • 西山史晃
  • 林家つる子
  • 浜崎貴司
  • 松井常松
  • 吉田ゐさお
  • 和田菜摘

絲山 秋子

Akiko Itoyama

金曜日 : 絲山秋子のゴゼンサマ

小説家。早稲田大学政治経済学部卒業後、住宅設備機器メーカーに入社し群馬県を含む各地に営業として赴任。2003年「イッツ・オンリー・トーク」が文學界新人賞を受賞、04年「袋小路の男」で川端賞、05年『海の仙人』で芸術選奨文部科学大臣新人賞、06年「沖で待つ」で芥川賞、16年『薄情』で谷崎賞を受賞。著書に『ばかもの』『不愉快な本の続編』『忘れられたワルツ』『離陸』『小松とうさちゃん』『絲的サバイバル』『絲山秋子の街道(けぇど)を行ぐ』など。2005年より高崎在住。ラジオ高崎では、2015年秋より「絲山秋子のゴゼンサマ」を毎週金曜05:45〜放送中。

絲山秋子 -OfficialWebSite-

Emii

Emii

土曜日:Very Merry Emii(再放送は火曜日)

1989年元旦生まれ、群馬県出身のシンガーソングライターEmii。
14歳で渡米、ハイスクールで歌う楽しさをしり、バークリー音楽大学で音楽を学ぶ。
2014年10月25日に、クリスマスミニアルバム『A Wish for THis Christmas』、マキシシングル『I'll Be There』2枚を同時リリース。
バラードを得意としているが、ジャンルを超えた様々なレパートリーを持つ。
現在、群馬県を中心にラジオ、テレビ、イベントなどに多数出演し活躍の場を広げ、今後の更なる飛躍が期待されているアーティストである。

大江響子

Kyoko Oe

火曜日:Smile
日曜日:おはようサンデー

北海道からやって来ました。美味しいもの・楽しいイベントであふれる高崎に早くも魅了されています。高崎初心者ですが、市内各地を駆け回って街と人の魅力をお伝えしていきます。群馬のこと、高崎のこと、たくさん教えてください!

大友直人

Naoto Otomo

金曜日/日曜日:大友直人の Classical Anatomy

2013年4月~ 群馬交響楽団 音楽監督
2014年4月~ 東京交響楽団 名誉客演指揮者
2008年~ 京都市交響楽団 桂冠指揮者
2001年~ 琉球交響楽団 ミュージックアドバイザー

1958年東京生まれ。桐朋学園大学を卒業。指揮を小澤征爾、秋山和慶、尾高忠明、岡部守弘各氏に師事した。タングルウッド音楽祭において、A.プレヴィン、L.バーンスタイン、I.マルケヴィッチからも指導を受ける。桐朋学園大学在学中からNHK交響楽団の指揮研究員となり、22歳で楽団推薦によりN響を指揮してデビュー。以来、国内の主要オーケストラに定期的に客演するほか、日本フィルハーモニー交響楽団正指揮者、大阪フィルハーモニー交響楽団指揮者、東京交響楽団正指揮者および常任指揮者、京都市交響楽団首席指揮者および常任指揮者兼アーティスティック・アドバイザーを経て、現在、群馬交響楽団音楽監督、東京交響楽団名誉客演指揮者、京都市交響楽団桂冠指揮者、琉球交響楽団ミュージックアドバイザー。また、2004年から8年間にわたり、東京文化会館の初代音楽監督を務めた。この間ほかにも1986年大阪フィルとのヨーロッパ・ツアー、1992年東響との東南アジア・ツアー、1994年ポルトガル公演、1996年、2001年ヨーロッパ・ツアーなどでも絶賛を博すなど活躍している。
近年では教育的活動にも力を注ぎ、国際音楽セミナー「ミュージック・マスターズ・コース・ジャパン」を盟友である指揮者A.ギルバートと毎年開催するなど、活発な活動を行っている。

【群馬交響楽団ウェブサイト】http://www.gunkyo.com/

香川 誠

Makoto Kagawa

金曜日 : Air Place
第2・第4金曜日:西山史晃のVoyaking Radio(再放送は翌水曜日)

ロックバンドROGUEのギタリスト。前橋市出身。1982年10月ROGUE結成。85年キングレコードよりメジャーデビュー。87年キャニオンレコードへ移籍。1989年8月日本武道館単独ライブ「単独行動」で8000人を動員。90年ROGUE解散。アルバム7枚、シングル8枚発表。90年KNiFe結成、東芝EMIよりデビュー。91年より94年まで氷室京介ツアーに参加。2013年10月19日グリーンドーム前橋「GBGB2013」でROGUE再結成。その後毎年GBGBを開催。再結成後はアルバム2枚をリリース。2016年10月19日ROGUE単独ライブをベイシア文化ホールにて開催。
ヴォーカル奥野敦士とともに福祉施設や学校などで音楽の楽しさを伝える講演会活動も展開中。

LLP信誠会

吉良 武夫

Takeo Kira

月~金曜日 : あさラジ
土曜日 : ギャラリートーク

ラジオであるからこそ、どんな内容の情報でも具体的なイメージを思い浮かべて頂けるような「イメージ伝達人」であることを念頭にマイクに向かっています。高崎まつり等の特番では気合が入りすぎて暴走してしまうことも・・・

佐藤由美子

Yumiko Sato

水曜日:Smile
土曜日:AirPlace Saturday

子どもの頃からうっかり者の私は今でもうっかり者です。時々びっくりするようなうっかりミスを犯してしまう私ですが、みなさんのおかげで毎日楽しく過ごしてます。みなさんのお蔭です。これからも宜しくお願いします!

サラーム海上

Salam Unagami

土曜日:AirPlace Saturday

音楽評論家/DJ/中東料理研究家/朝日カルチャーセンター講師 群馬県高崎市出身、明治大学政経学部卒。中東やインドを定期的に旅し、現地の音楽と料理シーンをフィールドワークし続けている。原稿執筆のほか、ラジオやクラブのDJ、オープンカレッジや大学の講義、中東料理ワークショップなどで活躍。英語、フランス語、ヒンディー語で各国を取材し、肌で感じた現地の今を伝え続ける姿勢が人気の秘密。選曲出演するJ-WAVEの中東音楽専門番組「Oriental Music Show」が2017年日本民間放送連盟賞ラジオエンターテインメント番組部門最優秀賞を受賞。著書に「ジャジューカの夜、スーフィーの朝(DU Books 2017)」「MEYHANE TABLE 家メイハネで中東料理パーティー(LD&K 2016)」「イスタンブルで朝食を オリエントグルメ旅(双葉文庫 2016)」ほか

志尾睦子

Mutsuko Sio

木曜日・日曜日:Sio.com

木曜日 21:00 - 21:55、日曜日 20:00 - 20:55
今高崎で上映中のおすすめ映画、振り返って観たいあんな映画こんな映画、おすすめサウンドトラックに、映画にまつわるエピソードなどなど、いろんな切り口で映画にまつわるあれこれを、おしゃべりする54分間。

篠原悠介

Yusuke Shinohara

土曜日:Saturday goes on
日曜日:おはようサンデー

「デジタル人間」ではなく、「アナログ人間」であることをモットーに。人と人との「face to face」の関係性を何よりも大切にし、実際に自分の目で見て、自分の肌で感じたものを、ラジオを通じてみなさまにお届けできたらと思います。よろしくお願い致します。

渋川清彦

Kiyohiko Shibukawa

第1・3・5火曜日:Air Place

1974年生まれ。群馬県渋川市出身KEEとしてモデル活動後、1998年に豊田利晃監督作『ポルノスター』で映画デビュー。その後も『青い春』(02)、『ナイン・ソウルズ』(03)、『蘇りの血』(09)など豊田組には多数出演。『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』(08/若松孝二監督)、『フィッシュストーリー』(09/中村義洋監督)、『ゴールデンスランバー』(10/中村義洋監督)、『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』(12/若松孝二監督)、『ジョーカー・ゲーム』(15/入江悠監督)、『ソレダケ/that’s it』(15/石井岳龍監督)、『ラブ&ピース』(15/園子温監督)、『お盆の弟』(15/大崎章監督/主演)、『追憶』(17/降旗康男監督)など出演は多岐に渡る。 2018年には主演映画『榎田貿易堂』(飯塚健監督)、『菊とギロチン-女相撲とアナキスト-』(瀬々敬久監督)他の多数の映画公開が控える。

JOY

JOY

第4水曜日:Air Place

ファッションモデル、バラエティタレント、歌手、司会者もこなすマルチな才能を持つ。本名、ジョゼフ・グリーンウッド。Grick所属。 群馬県高崎市出身。父親がイギリス人で、母親が群馬県出身の日本人。出演するテレビ番組や、ファッションショーなどは数多く、様々なメディアでも活躍中。高崎観光特使(2017年8月~)

ジョナサン・シガー

Jonathan Sieger

第2・4火曜日:Air Place

1984年8月3日台湾生まれ、群馬県育ち。イタリア人とアメリカ人のハーフ。 叔父は元メジャーリーガー、祖母は元ハリウッド女優と一流の血を受け継ぐモデル。容姿はイケメン外国人だが、しゃべると三枚目の日本人というギャップが魅力的だと話題に。現在は、TOKYO-MX1「5 時に夢中!」(木曜レギュラー)、TOKYO-MX2「F.C.TOKYO 魂!」、群馬テレビ「Girls’ Talk Trip」~ジョナサンと女子力UP の旅~など多数のレギュラー番組を持ちマルチな活動をしているモデル・タレントである。

JILL

JILL

第1水曜日:Air Place

PERSONZのボーカリスト。1984年JILL、本田毅、渡邉貢、藤田勉でPERSONZを結成。1987年にテイチクBAIDISレーベルより1stアルバム『PERSONZ』 でメジャーデビュー。1989年にはタイアップの走りとなるTBSドラマ「ママハハブギ」に「DEAR FRIENDS」が起用されると、そのPOPでストレートでメロディアスなサウンドは爆発的に日本中に伝わった。2015年6月3日、20th Album「夢の凱旋-TRIUMPH OF DREAM」をユニバーサルからリリース。そして結成31周年を迎える2015年6月26日に周年のFINALとしての武道館ライブを実現、成功させ、まさにPERSONZとPERSONZのリスナーがひとつになった感動の時を経た。2018年3月から「[35th ANNIVERSARY EVE TOUR] Single Selection Tour stage01」がスタート。35周年に向けて新たなるプロジェクトを掲げ更なる展開への期待が募る。

髙津 敦子

Atsuko Takatsu

月〜金曜日 : あさラジマイタウン高崎

高崎が好きで、色々な事を知るのも人とお話をするのも好きです。
人の行動には様々な想いがあると考えています。それらを音楽にのせてお届けできればと思っています。あなたの身近な放送局、みなさんのご出演をお待ちしております!

田野内 明美

Akemi Tanouchi

月~金曜日 : Air Place
木・日・月曜日:市長が語る。高崎スタイル
金曜日(第2・4):西山史晃のVoyaking Radio

番組をとおしてたくさんの方々にお会いできるのが楽しみで、自分流を極めているみなさんに憧れる日々です。心地よく個性的に、ゆったりと刺激的な番組をつくり続けていきたいです。よろしくお願いいたします。

高崎市長 富岡賢治

Kenji Tomioka

日曜日/月曜日/木曜日:市長が語る。たかさきスタイル

昭和21年8月20日生
昭和44年6月 東京大学法学部卒業
     7月 文部省入省
昭和53年 4 月 岐阜県教育委員会学校指導課 課長
56年3月 外務省在フランス日本国大使館 一等書記官
平成 8年 7月 文部省総務審議官
10年 4 月 文部省生涯学習局 局長
12年 6 月 国立教育研究所 所長
13年 7 月 財団法人日本国際教育協会 理事長
15年 1 月 群馬県立女子大学 学長 (平成22年8月退任)
23年5月〜 高崎市長

二居野未来

Migu Niino

月曜日:Smile
土曜日:Saturday goes on
日曜日:POP UP

いろんなことに心くすぐられる毎日。ワクワクすることを忘れずに、今日も私の「好き」を、あなたの「興味」を、ちょっとした「気づき」を、あなたのお耳に届けます!

西山史晃

Fumiaki Nishiyama

第2・第4金曜日:西山史晃のVoyaking Radio(再放送は翌水曜日)

主な経歴:氷室京介・山下久美子・川村カオリ・rice・麻倉あきら・THE WILLARD etc
2001年 自身のバンド CAPSULE COLORS結成
2002年 ファーストミニアルバム発表。
2005年 CAPSULE COLORS活動休止。
2006年 楽曲制作プロジェクト racchi発足。
2008年~ ライブサポートやプロデュースなど精力的に活動始める。
横浜でベースレッスン開講。
2012年 高崎クラブフリーズにてベースレッスン開講。

林家 つる子

Tsuruko Hayashiya

月曜日 : Air Place

落語家。高崎市出身。2010年9月1日、九代林家正蔵の元に落語家として弟子入りする。 2011年1月横浜にぎわい座「林家正蔵一門」にて初高座。演目は『みそ豆』。 2011年3月前座となり、各寄席で修行を重ねる。 2015年11月1日二ツ目昇進。2015年11月講談社主催のオーディション「ミスiD2016」にて、「I♡JAPAN賞」を受賞。2016年7月群馬県観光特使に任命。大学落研時代、「全日本学生落語選手権 策伝大賞」や「全国女性落語大会 ちりとてちん杯」など、落語の全国大会でいくつか賞を戴く。 大学4年時に就活をするが、落語への思いが断ち切れず、弟子入りすることを決め、九代林家正蔵の門を叩く。 現在、真打になることを夢見て日々修行中。

林家 つる子|一般社団法人 落語協会

浜崎 貴司

Takashi Hamazaki

第3・5水曜日 : Air Place

数々のスマッシュヒットを連発し、ジャパニーズ・ファンクを確立させたFLYING KIDSのフロントマン。 並行したソロアーティスト活動も15年以上にわたり、 コンスタントに作品をリリースしながら、多彩なアーティストとのコラボレーションも展開。 弾き語り共演ライブイベント『GACHI』をシリーズ化し、多くの名対決を繰り広げている。 都内ライブ会場での対決が恒例だったが、近年では『出前 GACHI』と銘打ち全国展開中。
2011 年よりギター一本で全国をまわる『浜崎貴司 弾き語りツアー“LIFE WORKS LIVE ~Since2011 / 終わりなきひとり旅』をスタートさせ、 2015 年 6 月には 100 本目を迎えた。この旅は現在も遂行中。
2016 年 2 月、ソロとしては初のベストアルバム『シルシ』をリリース。
更に 2016 年 5 月には、「ウイスキーが、お好きでしょ」を配信シングルとしてリリース。 「サントリーウイスキー角瓶」CM でお馴染みの名曲を浜崎貴司が歌う。

浜崎貴司 OFFICIAL SITE

本屋のあかり

Honya no Akari

木曜日:本屋のあかり

ここにプロフィールが入りますここにプロフィールが入りますここにプロフィールが入りますここにプロフィールが入りますここにプロフィールが入ります

松井 常松

Tsunematsu Matsui

木曜日 : Air Place
日曜日 : 松井常松 SOLID SOUNDS

群馬県出身。1982年、日本のロックバンド「BOØWY」のベーシストとして「MORAL」でデビュー。
1987年、東京ドームでのライブを最後に解散。解散後はソロアーティストとして活動。以後、シングル5枚、アルバム17枚をリリース。近年はアコースティックでのライブ活動を精力的に展開中。
ラジオ高崎では、「松井常松SOLID SOUNDS」を毎週日曜日22:00~(再放送:毎週月曜日19:30~)放送中。2016年9月には放送200回を迎えた。

松井常松オフィシャルサイト

吉田ゐさお

Wisao Yoshida

土曜日:AirPlace Saturday

1994年に「jungle smile」のメンバーとしてVictorよりデビュー。有線放送大賞新人賞受賞等華々しく活躍。2002年の活動休止後は「女性アーティストせつなさ系第一人者」として数々の楽曲提供、プロデュースを行う。2007年、手嶌葵に楽曲提供した「徒然曜日」が au と ヤマハ音楽教室のCMソングに、W起用された事をきっかけにCM業界に進出。2010年、話題を呼んだワコールの「リボンブラ体操」で ACC(全日本CM放送連盟)「ベスト音楽賞」を受賞。「唄踊りモノCMの錬金術師」「新たなるCM音楽の巨匠」として作曲依頼が殺到。「キレイモ」や「たんすにゴンゴン」等ユニークで耳に残るCM楽曲を多数制作。また坂上忍プロデュースの舞台などにも出演する俳優としての一面も持つ。

和田 菜摘

Natsumi Wada

水曜日 : ペガサスラジオ
木・金曜日:Smile
金曜日:BE TOUGH! RADIO THUNDERS(月1回)
日曜日:わいわいスポーツキッズ

人と人との繋がりを大事にしつつ、何事も楽しんで吸収しながら成長していけたらと思います。皆さんのすぐ近くにいられるような番組や情報をお届けしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

金谷 ヒデユキ

Hideyuki Kanaya

第1土曜日:AirPlace Saturday

音楽芸人。声優。群馬県安中市出身。フジTV系番組「タモリのボキャブラ天国」にて「地獄のスナフキン」として親しまれる。その後バンドでの音楽活動を経て2005年より声優としての活動を開始。「きかんしゃトーマス」「けいおん!!」「笑ゥせぇるすまんNEW」「ムーンライト」「マイティ・ソー バトルロイヤル」「シングストリート」などに出演。2017年より「浅草漫才協会」に所属し芸人としての活動も再開。現在「朝日ぐんま」にてコラム「地獄のスナフキン新聞」連載中。

岡田 浩暉

Kouki Okada

第2水曜日:AirPlace

群馬県出身。91年「To Be Continued」のボーカルとしてデビュー後、94年『君だけを見ていた』が大ヒット。以降、音楽活動と並行してTV、映画、舞台と活躍の場を広げる。主な作品として、舞台『I Love Musical』『10ミリオンマイルズ』『レ・ミゼラブル』『グッバイ・ガール』TV『愛していると言ってくれ』『ナースのお仕事』『逃げるは恥だが役に立つ』『オーファン・ブラック』映画『お盆の弟』『SPEC~結~』『たった一度の歌』他多数。